こよみの上では穀雨。頭痛持ちにとっては”酷雨”の日々が続いたが、きょうは全国で晴れ上がり、東海地方は軒並み最高気温25℃を超える夏日となった。本日は水分の恋しくなる陽気にちょっと水を差す話題。

ある研究によると、気温24℃でアイスクリームが売れ出し、26℃で扇風機が売れ出すという。一宮むすび心療内科でもウォーターサーバーが活躍する時節となったが、ここでお知らせを兼ねて注意書きを。
 *真空充填無菌水のボトルから電気で冷やして提供しています。右側の青色ボタンを押したままフックレバーを押すと冷水が出ます。左側の赤色ボタンからは熱湯が出るので利用しないでください。(安全カバーを絶対外さないで)。
今晩のニュースでウォーターサーバーが取り上げられていた。いまや全国の家庭でも340万台が利用されるが、1歳前後の子のやけどが6年間に40件報告されている。急激な普及で製造統一基準がなく、チャイルドロックの機能しない機種もある。経済産業省は、蛇口を子どもの手の届かない位置に変更するなど、対応を業者に指導していくとのこと。
ここで、こう思うのだ。
「文明の利器を利用するのはよい。ただし、自宅で使うぐらいの甲斐性があれば、1歳の子どもが危なくないように気をつけられないのだろうか?」

先日、20代のお母さんが抑うつで当院を訪れた。予診の聞き取りで生後数か月の子がいるのはわかっていた。若いご主人と2人で診察室に入ってこられたので「赤ちゃんは?」と尋ねた。彼女は答えた。「車に、、、」。
まだ、長雨の時期だったが、即座に「すぐ連れてらっしゃい」と諭した。
毎年のように、次のようなニュースが繰り返される。パチンコに興じていた母が気づいたら、駐車場の子どもが熱中症にかかり、死亡。産後うつの育児放棄リスクとは同列に論じることはできないが、”母性本能”が本能でないことは、こうした悲劇が裏付けている。
昔は良かったと言っているのではない。乳幼児死亡率を含め、むしろ現代の方が子どもには”優しい”時代ではあるのだろう。子どもひとりに手を掛けられるようになった分、親たちには大変な部分も増えている難しい時代なのだ、平成元禄は。
今から半世紀以上前、東京オリンピックのときに福田赳夫元首相が言い出したのが「昭和元禄」。2020年の東京五輪を前に、アベノミクスとやらで浮かれる平成ニッポンの姿がウォーターサーバーに象徴されていると言ったら穿(うが)ち過ぎだろうか。