以前、スポーツジムで見知らぬ女性から「ハーフの方ですか?」と訊かれたことがある。どうやら中近東系とみられたようだ。母方祖母は鼻筋が通り、コーカサス地方の老女のような風貌だったので、案外そうなのかもしれない。
今年の7月、イスラム教ではラマダーンで断食の月に当たる。大相撲の大砂嵐(エジプト出身)が食を断って本場所に臨んでから世間でも知られるようになった。この一か月間、かの教えに従う人々(ムスリム)は日中何も飲み食いしないわけだ(日没から夜明けまでは飲食が許され、幼児、老人や病気の者は免除される)。

心療内科と断食がどう関わるのか? 心身症はこころの問題から、からだに症状が出る疾患の総称だが、代表的な心身症のひとつに「過敏性腸症候群」がある。英語の略語でわれわれは「IBS」と呼ぶ。要はストレスで下痢をしたり腹痛に悩む病気で、軽いものなら多くの人に当てはまるだろう。
このIBSやアトピー皮膚炎などの治療法に絶食療法がある。民間では断食療法として広まっている。やっかいなのは、ときおり断食で逆に悪化し、最悪死に至る場合がある。これは糖尿病や摂食障害(やせ症)の重症者に無理強いして起こることが多い。これと違い、心身医療としての絶食療法は、適応を選び厳格な治療環境の下で行うためむしろ薬物療法より安全で、9割の治癒率を示す医学報告もある。

原野駒留さん(40)は看護師で、幼少時から緊張するとすぐ下痢をする体質だった。不規則勤務で不眠となり睡眠薬常習の彼女は、夜勤明けなど脚がむくむので利尿薬も服用していた。下痢に対しては西洋薬の頓服(ロ〇ミン)や漢方薬を試すが、なかなか効かない。
相談を受け、僕が勤務していた病院で絶食療法を行った。肝臓や腎臓に異常のないことを確認し、1週間点滴のみで過ごす。その後、ゆっくりとおかゆから普通食に戻していく。
ポイントはただ食べないだけでなく、退屈ですることのないベッド上で、ノートを用いて自身の人生を振り返る「内観療法」だ。親や周囲の人たちからしてもらったことに感謝するための手段。禅の修行のにおいがするが、もともとそこから借りてきた治療法なのだ。
驚くことに、いや当然の帰結として、彼女のIBSは改善した。しかも、持病である甲状腺の病気の抗体価まで正常になり、内分泌内科の主治医を不思議がらせた。

以前このコラムで、うつの時は食欲がなくなる理由を説明するという”宿題”を自分で出したままになっていたが、今日がその回答日となった。じつは、真の理由はまだはっきりしない。ただ、脳の中心部に視床下部という食欲を管理する中枢があり、そこが機能不全を起こすことは疑いがない。セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質が関与しているのも確実だ。
そのなかで、僕が考えているのは次の仮説だ。、うつで食欲がなくなるのは、擬似的に断食と同じ状態を生じさせ、、心身の免疫力を回復させることにあるのだろうと。だから、うつの急性期には、むしろ何もせず、食べられる以上は食べずに、無理をしないこと。自然に任せることが治療のおおもとなのだ。

さて、きょうの夕飯のおかずは、、、おっといけません。ムスリムかもしれぬご先祖様を想いながら、こんばんは食事を控えてみようか。