うそ替え神事 という伝統行事がある。元は菅原道真が蜂に襲われた時、鷽(うそ)という鳥の大群が助けたという由来で、木彫りの鷽を交換して嘘(うそ)を本当にすべく願う神事だ。
 パンデミックとなった新型コロナウイルスで志村けんさんが亡くなったのも嘘であってほしいが、現実だ。そのニュースも冷めやらない31日、滋賀県大津地裁で非常に重要な判決が出た。 
 当欄でも何度も紹介している冤罪(えんざい)事件。元看護助手西山美香さん(40歳)が17年前、末期患者の人工呼吸器を外して殺したとして逮捕され、懲役12年の刑が確定したが、獄中から無実の手紙を両親に約350通も出し続けた。それを読んだ中日新聞の記者たちが動いて「ニュースを問う」に連載し続け、井戸謙一弁護士ら弁護団と恩師、国民救援会、日弁連が支援し、本日の第二次再審無罪判決となった。
 元記者の私も精神鑑定の形で関わることとなり、西山さんの雪冤に貢献できて、感慨深い。軽度知的・発達障害からコミュニケーションに悩み、人に愛情を求め続けた美香さんは、人との関係を保つために「嘘」を重ねて生きてきた。それが事件に遭遇して供述弱者の立場に立たされ、苦難の道を歩むことになった。
 医者の世界には「ホワイトライ(白い嘘=患者を守る嘘)」という言葉がある。今の社会では反対の”ブラックライ”も横行しているが、同僚の看護師を助け、愛着障害に悩む自分自身を助けるためについた美香さんの嘘はもちろん前者だ。
  本日の判決文は90分の長きにわたり、大西直樹裁判長が今の日本の刑事司法の問題点をきちんと示した点で高く評価できる。最後、「もう嘘をつかなくてもよいです」などと涙ながらに西山さんをねぎらったことは判決史に刻まれるべきだろう。
 判決後の記者会見に臨み、満開の桜に合わせて身に付けた桜模様のネイルとイヤリング、そして白の装いが、彼女の潔白を完全に示していた。ご両親、美香さん、おめでとう。