平成最後の4月8日、一宮むすび心療内科を始めて5年を数えました。毎年、開業記念日前後は休診とし、スタッフ研修に充てています。こうしてクリニックを続けることができるのも、それを支えてくれる皆さんのおかげです。

毎回、この記念日には節目の数字の話を書いている。ことしは「五」。これは上下の横棒が天地を表し、そこにつっかえ棒が入る形を示したものだそう。読みの「ご」から連想できる漢字を並べると、語、伍、吾、悟、と五が入っているものが多い。いっぽう、呉、誤、護、、。あと、、そう「後」があった。「碁」が趣味の当方としては、「ご」には広がりをもつイメージがある。

碁は白石と黒石を碁盤の交点〔361あり、一年、ひいては宇宙空間を表す〕に互いに打ち合い、最終的に自分の獲得した交点の数を競う、古代中国から続く歴史あるボードゲーム。こう説明せずとも、AI(人工知能)が世界チャンピオンに勝ち、有名になったので、イメージしやすくなっただろう。碁の魅力は、少ないルールさえ守れば、盤上のどこに打ってもよい自由闊達さにあると思う。

人生は短く芸術(アート)は長い、と古人はいった。宇宙の歴史138億年に比べ、瞬間にも満たない、ひとの一生。盤面どこに打っても一局の碁になるように、どう生きても「一曲の人生」。自由に謳歌しようではないか。そう、みずからにも患者さんにも訴えながら、これから「後」に向けて、また一歩を踏み出していきたい。