落語の小咄(こばなし)にこういうのがある。「隣の空き地に囲いができたってねえ」「へぇ~い(=塀)」

滋賀県・南彦根の湖東記念病院で亡くなった末期患者の人工呼吸器を外したとして殺人罪に問われて服役した元看護助手西山美香さん(38歳)の再審請求事件で、1年前のきょう、大阪高裁(後藤真理子裁判長)が再審開始決定を下した。
検察側が特別抗告したため、現在最高裁で審理中だが、中日新聞が詳細に報じている〔日曜紙面『ニュースを問う』〕ので当欄読者諸氏にはそちらをご参照いただければと思う。

そもそもこの「冤罪」が明るみに出たのは、10数年に及ぶ西山さんの拘置所・刑務所生活で、彼女が無実を訴える350余通の手紙を両親に送り続けたことにある。これを同紙が入手し、その行間に潜む真実の叫びに耳傾け、西山さんの両親や関係者への取材を敢行。そして、まだ獄中に繋がれていた西山さんに精神鑑定を実施した弁護団との綿密な取組みがあった。

その経過は、来春以降見込まれる再審法廷で明らかになるだろうが、裁判に支障のない範囲で述べておきたいことがある。
西山さんには発達上のハンディキャップがある。ただし、それはパッと見た限りではわかりづらいものだ。ヒトという動物は外界から入る情報のうち、ほとんど(一説では9割以上)を視覚から得ている。なので、社会的支援対象として外見からハンディの分かる身障者が先行したのは致し方ないところだ。
一方で、人は得体の知れない物事を前にすると本能的に忌み嫌う傾向がある。「普通に見えるのに、障害?」という疑問はいつしか「障害にかこつけて」という差別に繋がっていく。
「見えない障害」ーーかつて脳死問題がクローズアップされた時、一番の難問は脳死の人の肌が温かいことだった。戻りようのない脳の機能消失と理屈ではわかっても、人の心は氷ではない。そこで作家の中島みち氏は脳死を「見えない死」と名付けた。ドンピシャの表現だった。

中日新聞によると、西山さんは殺したとは自白していない。シングルマザーである同僚看護師を助けたくて、つい嘘の証言をしたが、そこから先は海千山千の捜査当局の操り人形とされてしまった。
亡くなった70 代男性は入院時に心肺停止状態から蘇生したものの、人工呼吸器を繋いだまま半年以上が過ぎていた。死後の司法解剖では脳死同然と判定されている。
“見えない死”にたまたま立ち会った「見えない障害者」の悲劇ーーそれがこの事件の真相だ。この悲劇を、冒頭の落語のように、「へーい」とシャレて喜劇に仕立て直すことができるのか?多くの人の応援を求めたい。