岐阜県多治見市で最高気温40.7度を記録した。TVでは「命に関わる暑さ」と報道。その形容が決して大げさでないことは、愛知県豊田市で小学生が校外学習中に熱射病で亡くなるなど、全国各地で死者が出ている事実を見れば明らかだ。

それでも、本日当院初診の30代男性の受診理由を聴いて、ガクゼンとした。
主訴は「人間不信」。その理由は以下のごとくだ。〔本人の承諾を得て、経過を報告する。特定できないよう細部に変更を加えた〕

昨年暮れ、人見九郎(仮名)さんの勤める食品会社が倒産した。年明けから同業系列の卸会社で働いたが、ここも景気が悪く、しかも上司にいびられ、サービス残業を強いられるのに耐えかねて、半年で辞めた。
ここまでは、わりとよくある話。小学生の娘と息子を抱えた人見さんは、パートを掛け持ちしようとする妻に悪いと、次の仕事を急いで探した。 
ハローワークに出向き、経験のある食品関係に絞る。年度途中で見つかったのは、個人営業の焼きそば屋だった。
「この際、ゼイタクは言っていられない」と腹をくくり、 応募した。スンナリと採用。しかし、 いざ仕事を始めてからの後悔では遅かった。
この焼きそば屋、遊園地で出店を開いているのだが、梅雨の明けた炎天下、 店主は木陰に逃げ込み、人見さんひとりに「あとは任せた!」。昼飯も食べられぬまま、休憩を申し出るも、拒絶。
日本列島はふたつの高気圧にはさまれ、気温 はうなぎ上り。ジリジリと照りつける夏の太陽にやられた人見さんはついに倒れた。隣人が救急車を呼び、病院へ。診断は熱中症の中でも重症の「熱射病」。二日間、入院した。

退院した三日後、人見さんは当院を 訪れた。上記の話を縷々(るる)うかがううちに、こちらに言いようのない憤りが生まれるのを感じた。
人見さんが「人が信じられません」と嘆くのは当然のことではないか?傾聴と共感の一方で、冷徹に分析する自分も自覚する。会社組織でなく、家族経営のろくでなし の所にたどり着く不運をもたらしたものは何か?同じ手合いの組織は放っておいてよいのか?

人見さんが物心ついた時には両親は別居、父と別の男性が母と同居する環境で育った。親の正式離婚が 小学5年の時だったので、名字が変わり、さんざんいじめられた。中学の時、いじめられた友だちを助けたら、自分もいじめられた。その友人はのちに自死してしまった。

人という字は、人と人がもたれあった形、と3年B組金八先生は語った。実際の成り立ちは、両手をだらり降ろしたひとりの人の姿を横から 見たものだ。信無くば、立たず。とはよく引かれる言葉だが、信じることの重みが昔より軽くなってきていると感じるのは、僕の独りよがりだろうか。