きょう全国で50万人以上の若者が大学入試センター試験に取り組んだ。エールを送るとともに、彼らには「1・17」が「おむすびの日」であることを伝えておきたい。

21年前の1月17日午前5時46分、阪神・淡路大地震が起き、6400人余の命を奪った。30万人以上が被災した大規模災害。冬の被災地で人々を助けた原動力の一つがボランティアによる炊き出しや援助だった。
寒さに縮む体に一杯の温かいご飯がどれほどありがたいかは、経験者でないとわからないだろう。
コメ関連企業とJAで発足した「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」が今世紀に入ってから、阪神・淡路大震災の日を 「おむすびの日」に設定した。
お握りでなく、お結びの語を選んだところに協議会の意図は見て取れる。2011年、未曾有の被害を生じた東北大震災では「絆」が話題となったが、地震列島に住まうわれら日本人はその16年前から「結」をキーワードにしていたのだ。一宮むすび心療内科の名前を考える時、きずな心療内科も候補にしていた。 きずなが傷(きず)を連想させるかなあと廃案にした経緯がある。
もう一つは、わが敬愛する向田邦子がおにぎりと言わず「おむすび」を使っていたことも理由だ。
むすびの語源として「むす」 が産まれると同じという有力な説も名付けで調べた時に学んだ。アサリの酒蒸しの蒸すとも同じだ。あの蒸気がふつふつと生じるさまを思い起こしてほしい。
起源は古事記や日本書紀に遡ることができる。 即位前の神武天皇が熊野から大和国に侵攻する場面で 夢の中に高御産巣日神(タカミムスビノカミ)として登場する。

数日前に診察したAさんは以前「御巣鷹のPTSDアーカイブ2014.8.12」で紹介した40代の男性だ。親に捨てられ、ひとり暮らしの神戸で21年前、阪神・淡路大震災に遭遇し、心の傷を負った。その後ビルの工事現場で働いていた時に転落し奇跡的に助かったが、以後フラッシュバックなどに悩まされる。
毎年正月は調子を崩す。無意識に当時のことを思い出すからだ。今年も大震災の当日に産まれた青年の特集をテレビで観て、フラッシュバックを再度体験した。前の病院で最初に診た時には自分の名前すらわからない状態だったので、それと比べればよく頑張っていると思う。
おそらく、国内にはAさんと同じように心の病と向き合い続けている人が多くいるに違いない。
われら小さなクリニックではあるが、Aさんのように絆を求めて訪れる人たちの“結び目”になれたらと思い、ポスト大震災の日々を歩んでいこうと思う。