「成人の日」の前日に学区主催の成人式があり、町会役員として赤飯作りに参加した。地元小の体育館で催された会は、振り袖姿の新成人が司会や校歌伴奏を担当したりと、手作り感漂う好感の持てる式次第だった。きょうは成人について考えてみたい。

成人式のもとは奈良時代に始まった元服である。冠婚葬祭の四字熟語に残る通り、おとなになった証しとして冠(烏帽子)をかぶる儀式。この通過儀礼の実施年齢は時代や身分によりまちまちだが、おおよそ15歳前後だった。(古事類苑によると、天皇の元服は11~15歳)。
もちろん往時の子どもが現代っ子よりはるかに早熟だったゆえの制度ではない。社会的擬制が要求された背景には平均寿命の短さがあったと僕は推理する。たとえば武士は家督を継ぐことが人生の一大事だった。後継者の育成が家の存続に関わる。つまり早く結婚して子どもをもうける、さもなくば養子を取って後を託す者を決めておかないと、いつ疫病や戦さでお家断絶の危機が訪れないとも限らない。
それ以上に重要な元服の意義は、形式が内容を規定することでの集団社会の安定化にあるのではないか。役職に就くことで仕事ぶりばかりか人柄まで変わる人がいる。「きょうから一人前になれ」と強制されることが精神を強靭にする引き金になるのだろう。刀となるべき鋼(はがね)に焼きが入り、強くしなやかになるように。
いっぽうで、そのプレッシャーに負けてしまう若者がいるのも事実だ。

継野以矢男さん(32)は町工場の2代目を父にして育った。仕事は自動車製造の部品作り。手作業も必要で職人技的なスキルも必要になる。ベテラン従業員は先代からの雇い入れ。親子で勤めて来た者もいる。
継野さんは漠然と大学で工学部を選んだ。理数系の方が得意だったから。家業を継ごうという意識は当初はなく、一回は普通の事務系会社に就職したが、「人間関係がいや」で1年で辞めた。その後はアルバイトを繰り返しながら20代後半になり、「このままではいけない」と思ってはみるものの、自宅でぶらぶらする生活が続いた。
家業の帳簿をやりくりする母親亜希子さんの助言で、これもなんとなく実家の仕事に納まった。一応知識はある。なんとかなるかな、、。そこに立ちはだかったのが、父親の継野一鉄さんだった。
「甘い気持ちでやってもらっては困る」「もういっぱしの成人なんだからな」――”成人”という父の言葉が耳にこびりついて消えない。ほかの従業員の手前もあったのだろう。あの「巨人の星」の父、一徹ばりの雰囲気を醸し出していた。わずか3か月で仕事に出られなくなった。
亜希子さんは言う。「4つ下の弟が生まれて、しばらく手がかけられなかったんです。長男だし、勉強、勉強と言い過ぎたのかも、、」。以矢男さんは小学校6年の時、90点の算数テストを母に見せて「あと10点どうして取れなかったの?」と言われたことが今も頭から去らない。「そんな子どものときのことにこだわる自分が情けない」。
3年前に僕の勤める病院を受診した以矢男さんは、うつで1回入院し、いったん回復したかに見えたが、その後症状がくすぶり続ける。抗うつ薬と休養だけでは無理と判断。臨床心理士によるカウンセリングを始めた。僕が開業して、一宮むすび心療内科に移ってからもカウンセリングを継続している。まだ、出口は見えない。

彼の成人式がどんなだったか、次の診察で訊いてみようと思う。そしてあの歌、『人として』(作詞武田鉄矢、作曲中牟田俊男)を贈ろう。
「♪ 私は悲しみ繰り返す そうだ 人なんだ ♪」 
ゲーテ先生も言っている。「涙とともにパンを食べた者でなければ、人生の味はわからない」とね。