2014年05月

憲は剣よりも強し

「いやあ、今日はことのほか暑かったねえ」「ほんと、こりゃあ、夏だね」。
このコラムで”春を送った”翌日のやりとり。お隣さんとの会話では政治と宗教の話は避けるべし、というのが無用な摩擦を避ける庶民の知恵ではある。しかし、だ。本日に限っては、そうは言っていられない。黄金週間後半初日ではなく、平成26年5月3日=67回目の憲法記念日である。
ここ最近の憲法に関するトピックは「集団的自衛権」の政府による解釈改憲である。硬性憲法である日本国憲法は、国会議員の3分の2以上の同意を経て行われる国民投票で過半数を得られないと変更(改憲)できない。政治・社会情勢が目まぐるしく変わる現代にそぐわないという意見は一聴に値するが、教育と同じで国の根幹が猫の目のように変わることの弊害を考えれば、今のままでふさわしいと思える。なにより、戦後69年近く、曲がりなりにも平和を維持してきた日本社会の経緯をみれば、それは明白だろう。(もちろん、昨日も書いた三島の視点は忘れてはならない)。だから、けさ(日付は昨日)の中日新聞社説が書いているように、怪人二十面相よろしく、96条の手続き改正論から姑息に入りながら、裏口が狭き門とみるや地面に穴を掘ってまで本丸の9条改憲に猪突猛進する現政権に対しては、数の論理で驕(おご)る平家は久しからず、といわざるを得ない。自民党お得意の押し付け憲法論も法学部卒の小生にいわせれば噴飯物で、大日本帝国憲法の正当な手続きで現行憲法は成立しており、GHQ責任論は敗戦のトラウマから逃れたい為政者の無意識のなせるわざである。そもそも、日本側草案のもとは明治の自由民権運動の私擬憲法案が下敷きである。今の憲法が押し付けられたと本当に感じている日本人がどれだけいるというのだ。しかし、憲法談義をひとごととして構えていられる時代は過ぎた。各地で、とくにあちこちの大学で憲法を議論すること自体が排除されている現実を見るにつけ、集団としての日本人の振る舞いは戦前と本質的に変わっちゃいないと思えるのである。
いかんいかん、肩が凝ってきた。行変えすべし。いつにも増して、口角泡を飛ばす内容になったのには理由(わけ)がある。それは、また別の機会にします。憲は剣よりも強し、といえる時代がいつまで続くかは、われわれの責任であるとだけ書いておこう。

春を送る

ふーっ。まだ、開院ひと月も経っていないんですね。あっという間の4月でした(と書きかけて丸2日経った)。――というわけで、今日のお題は「春を送る」。
春のいわれは巷間(こうかん)伝わるように、草木の芽が張る、とか気候が晴る、田畑を墾る(はる)からきているようです。いずれも膨らみ、みなぎる様子が感じられ、みずみずしさが広がります。ちなみに英語の Spring  has  come . を思い出せば、ばねのような弾む空気が伝わるでしょう。♪ 春なのに ♪ を歌った柏原芳恵の胸元を思い出す御仁は皇太子さまと同類項!(ピンナップガールだったんですよ)
1年の始まりは元日ですが、日本では、やはり4月からの学校年度を思い起こすし、企業も会計年度も4月から。昨年、グローバル化を目指した大学改革路線の一つとして、9月新学期制度が検討されたものの、定着にはひと山もふた山もあり、と院長は愚考します。山は富士、花は桜木、だしね。国民の祝日に挟まった日を休日にする”オセロ法案”も導入久しいのに、いまだに何だかなあという気持ちしか起きないのは、あたいのおつむがシーラカンスだからでしょうか。
小中学校のころ、土曜日の”半ドン”でお家に帰り、吉本新喜劇で寛平ちゃんの「おっさん、アホか」に腹を抱えて笑っていた小市民的時間はどんな意味を持っていたのか? ただ合理性だけで時間を管理することの貧しさは、きちんと指摘しておきたいと思います。三島由紀夫の予言した「無機質でからっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国」はとっくに到来したとみるべきです。むしろ今はその反動の時期に入っているのでしょう。院長はここで、将来もし天皇制がなくなっても、”元号”は残ることになると大胆予想しておきましょう。その候補は花鳥風月から採用されることになるだろうとも。自然に還れ? うん。
とりとめもなく、想い漂ううちに夜は更けにけり、ですが、今夜は夏も近づく八十八夜。お茶でものんで、明日からの気分一新。春よ、また来年会おう!




ギャラリー