冷戦終結の象徴となったベルリンの壁崩壊からきょうで25年。Google検索でも、ブランデンブルク門上で歓喜に湧くドイツ民衆の姿が映し出されている。奇しくもそのベルリンで、地元紙制定の文学賞が村上春樹氏に贈られた。村上さんは5年前にエルサレム賞を受賞したとき、人間を”卵”に、人間を傷つけ殺すシステムを”壁”に譬(たと)えて「私は常に卵の側に立つ」とスピーチした。彼は今回も「壁は小説家としての私にとってずっと重要なモチーフだった」と語った。

医学部生が最初に学ぶ基礎医学の分野に組織学がある。社会に組織があるように、生物は無数の組織で出来ている。そのおおもととなるのが細胞(Cell)である。ヒトには約60兆個の細胞があるとされる。英語(セル)の語源は「仕切られた部屋」という意味。細胞の内と外を隔てる「壁」が細胞壁だ。動物の細胞では、壁ではなく「膜」と呼ぶ。
体の場合、壁や膜があるおかげで形が保たれ、生命維持活動が成り立つ。その際重要なのが、生体膜は単なる仕切りではなく、内と外との仲介役(メッセンジャー)を果たすことだ。
生物を定義せよと言われたら、読者の皆さんはどう答えるだろうか?
意外と難しい質問だが、膜に仕切られた細胞(一個のみの場合が単細胞生物)をもち、代謝活動を行い、自身の遺伝情報を後の世代に引き継ぐなどが答えの例だろう。
膜を電子顕微鏡レベルに何万倍にも拡大して見ると、あちこちに”穴”が開いているのがわかる。そこにはいわば”関所”が存在し、細胞の内外の物質・エネルギーの出入りをチェック、コントロールしている。
では心の場合、膜に相当するモノは何か?
それが「自我」だ。生まれて間もなくの赤ちゃんには、自我はまだ出来上がっていない。自分の周りにあるものを舐めたり、触ったり、匂いをかいだりするうちに、身体的境界がひとの脳内に出来上がる。それにつれて、あるいは遅れて、自己と他者との心理的境界も形成されていく。一番重要なのが母子関係であることは言を俟(ま)たない。それに必要な時間がおよそ3年。「三つ子の魂百まで」とはこのことを指したことわざだし、一番古い記憶が3歳以前に遡ることがないのも、それと深く関わっている。

人間社会のレベルでは、壁は自由を妨げるものの象徴だ。村上さんは先のスピーチでこう言った。
「壁は私たちを守ることもあるが、そのためには他者を排除しなければならない。やがて時には暴力を伴い、ほかの仕組みの論理を受け入れない固定化したシステムとなる。世界には民族、宗教、不寛容といった多くの壁がある。しかし、ジョン・レノンが歌ったように、誰もが想像する力を持っている。壁に取り囲まれていても壁のない世界について語ることはできる。それが大切で不可欠な何かが始まる出発点になるかもしれない」。
彼のデビュー作「風の歌を聴け」(1979)の出だしは僕の頭から離れない。
「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね」。

わたしたちの内なる壁。それとの格闘は果てしなく続く。それが、生物の定義かもしれない。