「せいぎのぎせい」を避けるには

三日続きの猛暑日。涼を求めて昼、たまに行くうどん屋の暖簾(のれん)をくぐった。私見では地元いちばんの味噌煮込みを出す「K」。今日のお目当ては冷やしうどんの「ころ」だ。

民芸風の落ち着いた造り。隣席ではビールで顔を赤くしたおじさんが、上機嫌で野菜テンプラをつついている。ほどなく運ばれた「ころうどん」につゆをかける際、向かいの座席越し頭上に畳大の仕切り暖簾が目に入った。
和紙様の生地に太鼓腹の中年男性が描かれている。明らかに手描き。半袖短パンで椅子に腰かけてビールジョッキを掲げている。そのわきにひとこと「真夏生」。
「まなつ、なま。後ろから読んでも、まなつなま。回文だね」と、両脇のお客さんに気づかれない声でつぶやいた。
笑ったのは、その直後だ。中年男の足下にも回文が書いてあった。「ダメだ 総理ウソ ダメだ」。

一瞬、集団的自衛権の説明で、国内と海外で方便を使い分ける安倍首相の顔が浮かんだ。がしかし、この暖簾はその前から描かれたものかもしれない。もはや新聞記者でない身には、店の人に取材しようとは思いつかなかった(こうやってコラムを書いている今は、訊いておけば文章に”厚み”が出たのに、とくだらないことを考える)。
もちろん、改めて考えるまでもなく、”安倍ちゃん”の前の顔ぶれを思い浮かべても、暖簾の回文は十分通用するのだ。


さて、件(くだん)の暖簾男である。上等のつるつるしこしこうどんを喉に流し込みながら、即席回文を考えていたが思いつかなかった。韻(いん)を踏むのならできると、こしらえたのが「戦争、よそう」。そして、しげしげと暖簾の男を眺め直すと、胸の真ん中のキャラクターがなんと、アンパンマン! 
作者のやなせたかしさん(享年94歳)は戦争従軍経験からあのキャラクターを思いついたというエピソードは有名だ。やなせさんはこう言っていた。「ほんとうの正義というものは、決して格好のいいものではないし、そのために必ず自分も深く傷つくものです」。

心と体を病む人々を、「治療」の名のもとに医療者の論理の世界にからめとることはしていないか? やなせさんの言葉を知ったとき、つねに問いかけられる気がしたものだ。「正義の犠牲」を出すことはしたくない。そうおもいながら、明日も外来を続ける。

雨ニモ負ケズ

予想以上の速さで日本列島を駆け抜けた台風8号。おかげで、11日(金)は晴天のもと外来を開くことができたが、翌日興味深い患者さんを診察したので報告する。

雨羽弥太郎さん(仮名25歳)は5月、母に連れられ当院を訪れた。主訴は「雨や人混みで体が動かなくなる」。
こうした場合の常で、あちこちの内科やメンタルクリニックを経てやってきたケースだ。紹介状はない。以前ついた診断は解離性障害や発達障害など。大学病院では知能検査も行われ、IQは95。(下位分類の細かい内容が知りたいが不詳)。いずれにせよ、ひとつところで落ち着いて治療を続けることができなかったようだ。

雨羽さんは2人兄妹の長男。幼少時に両親が離れ、母親に育てられた。プラモデルが趣味で、ボール投げは苦手。中耳炎を繰り返す体質で、頭痛持ち。ずっと雨が苦手だったかははっきりしないが、傘をさすのは嫌いだった。人付き合いはおくてで、友人は少なかったという。
特記すべき出来事は19歳での事故。雨の日に自転車に乗り、彼が赤信号で交差点に突っ込み、乗用車とぶつかった。記憶がないため詳細は不明。その後しばらくしてから、いやなことがあると記憶が飛ぶ。いきなり暴れることもあるという。

心理検査では他者配慮に欠ける面があり、それと好対照に事実に忠実な点や、これまでの経緯を合わせると、以前の診断で大きな齟齬(そご)はない。問題は症状がよくなるかどうか、の一点。
発達障害のなかには薬剤に極端に過敏なひとがいる。僕はある非定型抗精神病薬を通常の10%の量から始めた。副作用なし、効果もなし。徐々に増量し、20%で有効、ただし1日持続しない。40%で有効かつ持続した。当然、彼の訴えを傾聴する精神療法も併用である。
結果、今回の台風のなかレンタルビデオ店にひとりで行けたと喜ぶ。硬かった表情に笑顔が出てきた。

最近、京都大医学部の研究グループがリウマチ患者2万人以上のデータを統計解析し、腫れや痛みと、症状の出る3日前の気圧に相関関係があることを解明した。僕にも、「雨が降る前に頭痛がするので私は天気予報ができる」という患者さんが何人かいる。

つねづね主張しているように、ひとは自然の一部である。気圧や天候といった外部環境と患者さんの体の内部環境はつながっていると考えるのが心身医学である。今回、雨羽さんが新薬でよくなった理由の分析は必要だが、心身一如(しんしんいちにょ)の態度で患者さんに接していくことが”基本のき”であることには変わりがない。









★お知らせ★ 11日(金)外来の件

ニュースでご承知の通り、超大型の台風8号が日本列島を北上しています。予報では10日(木)から11日(金)にかけて東海地方に最接近する予想です。
当日、暴風警報などが発令され、公共交通機関が停止しても、当クリニックは通常通り外来診療を行う予定です。しかし、通院が困難になる患者さんもいらっしゃるかもしれません。お薬に余裕のある方は後日に予約を振り替えます。その際、お電話くださるようお願いいたします。
もしストックが全くなく、当日は来られそうもない方は、お手数ですが、前々日の9日(水)にお薬をとりに来院してください(ご面倒でも事前にお電話ください)。10日(木)は休診日なのでお越しいただいても対応できません。ご了承ください。  
 一宮むすび心療内科院長 小出将則
ギャラリー