これでいいのだ~赤塚不二夫没後10年~

8月2日は赤塚不二夫没後10年。告別式でタモリが「私もあなたの数多くの作品の一つです」と白紙の巻物を手に弔辞を述べたエピソードが、なぜかまだ記憶に生々しい。

そう、新人類と呼ばれた僕ら60’s世代にとって、赤塚ギャグは三度の食事みたいなものだった。おそらく、「シェー」のポーズをしたことのない子どもは(女の子も含め)いないと思うし(ゴジラだってやっている)、悪態をつくときに「こんニャロメ!」と言ったことのないガキどもは少数派だったはずだ。

個人的なことを書けば、漫画の神様・手塚治虫は別にして、僕の少年期の人格を形成した“芯”が梶原一騎と赤塚不二夫だった。
高度経済成長期に生まれ育った人間にとって、青春劇画の原点である『巨人の星』と『あしたのジョー』は教科書より大切なテキスト足りえた。根性と無頼の混交、自由と束縛の止揚が主旋律となって、わが脊柱に筋金を入れてくれた。
その一方で、厳格なまでにくだらなさを追求した『天才バカボン』や『おそ松くん』は、梶原イズムの放つ泥臭さを軽やかに吹き飛ばしてくれた。それは単なるお笑いではなく、むしろ現代思想のシュールレアリスムに通じるものがあったと、今にして思う。

「だよ~ん」「~ざんス」「おでかけですか、レレレのレ」などのフレーズはTVアニメ全盛時代の電波にも乗り、日本全国津々浦々に広まった。
そして、バカボンのパパの決まり文句「これでいいのだ」。
太陽が西からのぼっても、それを真に受ける。コペルニクスもびっくりの哲学だ、これは。
NHKドラマにもなった『赤塚不二夫自叙伝 これでいいのだ』〔文春文庫〕を読んで、ハタとひざを打った。

昭和10年、不二夫(本名藤雄)は旧満州で生まれた。新潟の農家出身の父、藤七は元憲兵。ところが上官の理不尽さに我慢ができず辞職。その後、満州国警察官として中国人ゲリラ防諜(ぼうちょう)活動の特務を担っていた。
藤七の首には今なら数百万円の懸賞金が掛けられていた。それでも生き延びたのは、藤七が下働きの中国人にも平等に物資を分けていたからだ。「敵も味方も同じ人間じゃないか」。ゲリラ襲撃時に、赤塚家は中国人の格好をしてかくまわれ、難を逃れた。隣りの日本人一家は惨殺された。
自宅では長男の藤雄ら6人の子の戸主として威厳をふるまった。藤雄の箸の持ち方が悪いと、容赦なく手が出た。そのかたわら、藤雄を宴席や仕事場に連れていき、現場の生々しさを体験させた。
藤七は戦後、シベリア抑留される。4年ぶりに帰国した藤七は、すっかりやせ衰え、警察官の跡を継がせる夢はどこへやら、藤雄の漫画家への思いを認める好々爺になっていた。
昭和43年、結核で入院。奇跡の生還をした後、藤雄の母リヨがくも膜下出血を患い、59歳で先に逝った。自他ともに認めるマザコンの藤雄にとって突然のことだった。藤七がリンパ腺癌で亡くなったのはその9年後、息子がギャグマンガの王様と仰がれた時期だった。

バカボンのパパのモデルは、赤塚不二夫の父親・藤七。「これでいいのだ」は藤七の満州時代の人生を振り返って出てきた、自然な言葉なのだ。自叙伝のあとがきで不二夫はこう書いている。
「家族を悲惨な目にあわせる戦争だけは、もう二度と起こしてはならないと思う」






続々・われらが内なるヒトラー

このブログでは毎年繰り返し、いくつかの同じ日に同じ出来事について書いている。3月11日の東日本大震災、6月19日の桜桃忌、8月12日の日航ジャンボ機墜落事故、10月10日の体育の日。その悲しき“仲間入り”を果たしたのが「7月26日」だ。

2年前のこの日未明、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で、入所者45人が一人の元職員に殺傷された。
犯行当時26歳の植松聖被告は、意思疎通の取れない障害者を「心失者」と呼び、在住者160人のうち障害の重い方たちを選んで凶行に及んでいる。
その計画性、職員や障害の軽い者には致命傷を与えていない点などから、責任能力はあるとみられているが、採尿で大麻の陽性反応が出ており、薬物の影響は考えられる。

しかし、いちばんの問題は繰り返し報じられてきたように、植松被告の「優生思想」にある。〔当ブログで指摘。アーカイブ2016.7.31.『われらが内なるヒトラー』参照〕
植松被告は中日新聞にあてた手紙で「(重度・重複障害者は)人の幸せを奪い、不幸をばらまく存在」と決めつけ、「私の考える大まかな幸せとは『お金』と『時間』」と書いている。
相模原事件の重大性から彼を特殊な存在としてとらえると、大切な視点を失うだろう。「現代の幸福は経済効率次第だ」というテーゼに頷(うなず)く人は、かなり多いのではないか?
知的障害者の家族に行われたアンケート〔共同通信社〕では、68%が「事件後、障害者を取り巻く環境悪化を感じた経験あり」と答えている。

当院にも知的、発達障害の患者さんが受診されている。ほとんどの方はみずから意思表示でき、行動もある程度律することができるが、それゆえの苦労も多い。
周囲から「怠けている」「甘えてちゃだめ!」などと言われて、自分では途方に暮れてしまうこともしばしばだからだ。
理系女子の須立美奈代さん(40歳)は保育園に通う一人娘が自閉スペクトラム症と診断され、「子供を前にすると頭痛でいらいらする」とやってきた。「大学で学んだコンピュータのようにはいかないんです」と悩む。
こどもが言うことを聴かないのは当たり前!と普通の家庭のように伝えても解決にはならない。須立さん自身に自閉傾向のあることに気づくのを待ち、長女の良さを見つけるのを手伝う(「そう、お嬢さんにはこんなに、一つことに熱中できる力がありますよ」)。2年間の診察を経てようやく、笑いが出るようになった。

報道によると、植松被告は「やまゆり園の職員に障害者差別の考えを話した際に『ヒトラーと同じだ』と指摘されて初めて知った」という。それは逆に、彼の中の“内なるヒトラー”を自覚させたということだろうと思う。そして同時に、われわれの中のヒトラーもまた、、、。





緊急ブログ〜熱射病を作る焼きそば屋〜

岐阜県多治見市で最高気温40.7度を記録した。TVでは「命に関わる暑さ」と報道。その形容が決して大げさでないことは、愛知県豊田市で小学生が校外学習中に熱射病で亡くなるなど、全国各地で死者が出ている事実を見れば明らかだ。

それでも、本日当院初診の30代男性の受診理由を聴いて、ガクゼンとした。
主訴は「人間不信」。その理由は以下のごとくだ。〔本人の承諾を得て、経過を報告する。特定できないよう細部に変更を加えた〕

昨年暮れ、人見九郎(仮名)さんの勤める食品会社が倒産した。年明けから同業系列の卸会社で働いたが、ここも景気が悪く、しかも上司にいびられ、サービス残業を強いられるのに耐えかねて、半年で辞めた。
ここまでは、わりとよくある話。小学生の娘と息子を抱えた人見さんは、パートを掛け持ちしようとする妻に悪いと、次の仕事を急いで探した。 
ハローワークに出向き、経験のある食品関係に絞る。年度途中で見つかったのは、個人営業の焼きそば屋だった。
「この際、ゼイタクは言っていられない」と腹をくくり、 応募した。スンナリと採用。しかし、 いざ仕事を始めてからの後悔では遅かった。
この焼きそば屋、遊園地で出店を開いているのだが、梅雨の明けた炎天下、 店主は木陰に逃げ込み、人見さんひとりに「あとは任せた!」。昼飯も食べられぬまま、休憩を申し出るも、拒絶。
日本列島はふたつの高気圧にはさまれ、気温 はうなぎ上り。ジリジリと照りつける夏の太陽にやられた人見さんはついに倒れた。隣人が救急車を呼び、病院へ。診断は熱中症の中でも重症の「熱射病」。二日間、入院した。

退院した三日後、人見さんは当院を 訪れた。上記の話を縷々(るる)うかがううちに、こちらに言いようのない憤りが生まれるのを感じた。
人見さんが「人が信じられません」と嘆くのは当然のことではないか?傾聴と共感の一方で、冷徹に分析する自分も自覚する。会社組織でなく、家族経営のろくでなし の所にたどり着く不運をもたらしたものは何か?同じ手合いの組織は放っておいてよいのか?

人見さんが物心ついた時には両親は別居、父と別の男性が母と同居する環境で育った。親の正式離婚が 小学5年の時だったので、名字が変わり、さんざんいじめられた。中学の時、いじめられた友だちを助けたら、自分もいじめられた。その友人はのちに自死してしまった。

人という字は、人と人がもたれあった形、と3年B組金八先生は語った。実際の成り立ちは、両手をだらり降ろしたひとりの人の姿を横から 見たものだ。信無くば、立たず。とはよく引かれる言葉だが、信じることの重みが昔より軽くなってきていると感じるのは、僕の独りよがりだろうか。
ギャラリー