心の“救急士”~第1回公認心理師試験の日に~

9月9日は重陽(ちょうよう)の節句。古代中国では奇数が陽、偶数が陰の陰陽思想が広まり、一桁で最大の奇数「九」が重なるこの日は陽の気が強すぎて不吉であり、それを取り払う行事として広まったとされる。日本でも平安時代から菊花酒を飲む風習があり、「菊の節句」として長寿を祝う行事が催される。

この日は語呂合わせで「救急の日」と捉えている方のほうが多いだろうか。
ショッピングモールで救急フェアが開催されたとき担当となり、来場者の血圧測定したことを思い出す。精神科専門医としては、心の救急にも目を向けてほしいナと考えていたら、きょう、「第1回公認心理師試験」(厚労省)が全国一斉に行われることになった。

おそらく多くの方は「心理師」と聞くと、「カウンセラー」という言葉を思い浮かべたり、「話を聴いてこころの悩みを解決してくれる専門家」という印象を持ったりしているのではないか?
実はいままで心理師は国家資格ではなかった。〔これまでは心理士と表記され、医師、看護師、鍼灸師などの「師」業と区別されてきた〕。働く場もメンタルクリニックのみでなく、学校に出向いて、不登校などに悩む生徒学生の相手をするスクールカウンセラーや、会社で社員たちのメンタルヘルスに関わる産業カウンセラーなどさまざまだ。

だいじなのは、かつて“空気と安全はタダ”といわれてきた日本において、職業として話を聴くことにどれだけ価値を認めてきたのかという評価が、これまでの心理士の扱いに表れているということだ。
亡くなった河合隼雄さんなど著名な心理家を除き、心理士が独力で生活の糧を得るのは容易ではない。多くがどこかの組織に所属し、心理以外の仕事もこなしながら、仕事にいそしんでいる。〔ちなみに心理士が病院でどれだけカウンセリングを行っても医療報酬上は1円も得られない。〕

毎日、こころの現場で患者さんと相対していると、「カウンセラーで話を聴いてもらって、治したい」という人が多い。そういう人たちに決まって言うことがある。
「カウンセリングは『鏡』です。あなたのネクタイが曲がっていれば、それに気づく手助けにはなりますが、曲がったネクタイを直すのは、あなた自身です」
公認心理師という国のお墨付きがつくことで、その本質が変わるわけではないが、“こころの救急士”の仕事がより多くの人々に知られるのは、良いことだと思う。


百回を支えた球児たち〜敗者復活の思想〜

正月を除けば、八月ほど上旬と下旬で「季節感」の変わる月は無い。これは終戦の日(8月15日)の存在ゆえだが、もう一つある。それが、夏の甲子園野球だ。

1915(大正4)年に始まった全国高等学校野球選手権大会。戦時中を除いて今年で百回を数え、大阪桐蔭高が新調された深紅の優勝旗を手にした。今大会から導入された延長12回以降タイブレーク制や、史上初の逆転サヨナラ満塁ホームランなど、見どころ満載の大会だった。
当欄では2回、甲子園がらみのコラムを掲載した。〔アーカイブ2014.8.31『雨の8月・甲子園の詩』同2015.8.6『百年を担う球児たち~“血染めのボール”』参照〕
作詞家・阿久悠は昭和54年から平成18年まで、夏の甲子園全試合をスコアブック片手にテレビ観戦し、球児たちを讃える文章をつづった。戦中派の阿久さんにとって、戦後民主主義の原点は「野球・歌謡曲・映画」だったからだ。

ここでは阿久悠とは違った視点から夏の甲子園をながめてみたい。
僕の出身校である旭丘高は、前身の愛知一中時代、第三回大会(大正6年)で全国優勝している。翌年の第四回は米騒動で中止という時代だった。一中野球部は創部125年と甲子園より長い歴史を持つ。マラソン校長で知られる日比野寛(1899-1916在任)の方針「正義を重んぜよ、運動を愛せよ、徹底を期せよ」の下で野球部も鍛え上げられた。
第三回大会はまだ甲子園のできる前で、兵庫・鳴尾球場で開催。大会出場数も12校と少なかった。その中で愛知一中は初戦敗退。しかし、当時は敗者復活戦があった。和歌山中に1-0で辛勝すると、続く準々決勝、準決勝とも1点差で勝利した。
決勝の関西学院中戦。一中にとっての幸運はさらに続いた。一点差を追う6回裏二死での降雨ノーゲーム。あとワンアウトの土壇場で敗北を逃れた。翌日の再試合は延長14回のサヨナラ勝ち。甲子園史上唯一の“敗者優勝”となった。
いまでこそ“私学4強”といわれる愛知高校野球だが、戦前戦後しばらくは一中のほか、愛知商(現瑞陵高)、四中(現時習館高)、一宮中(現一宮高)など、公立の進学校も強かった。文武両道が当たり前の時代があった。

一度負けた学校に優勝旗が渡るのはおかしいと、敗者復活戦は以後の大会で廃止された。
平成のいま、振り返って思うのだ。オリンピックの野球・ソフトボールで敗者復活戦が“復活”している。それで、スポーツの面白さが減るわけではない。
人生だって同じじゃないか?ーーいちど負けても、次があるさ。いや、負けて勝つ、ということだってあるぞ。高校野球のセンチュリーヒストリーから学べることは、もっとある。甲子園が終わって、忍び寄る秋に考えたいテーマ――

人生、山あり海あり

われ、山にむかいて、目を挙(あ)ぐ〔太宰治の小説『桜桃』冒頭の一節〕

8月11日は一昨年から施行された国民の祝日「山の日」。 7月第三日曜の「海の日」と合わせ、政府は夏のレジャー景気を当て込んだようだが、昭和人間のわが脳裏に浮かぶのは、幼い頃に聴いた「海幸、山幸」の話。

古事記・日本書紀に載る神話。弟の山幸彦と兄海幸彦が猟具と漁具を交換、大事な兄の釣針を失くした弟は困り、探し求めて海の最果てにある綿津見国を訪れた。そこで海神に気に入られ、娘・豊玉姫と結婚して3年の歳月が過ぎた。我に返った山幸彦は姫から釣針と霊力のある2つの珠(たま)を授かり、故郷に戻る。海幸彦と争いになると、言われた通り珠を使って兄を攻め、最後は忠誠を誓わせた。ストーリーは、異なる南方民族との争いの歴史が下敷きになっているという。

ご存知の通り、これは浦島太郎伝説として、各地で語り継がれる昔々物語となる。小学一年のとき、茶話会の出し物で浦島劇が選ばれ、太郎を竜宮城まで送迎する亀役をやった記憶がある。「♪タイやヒラメの舞い踊り~♪」が刷り込みとなり、海に桃源郷を求めてサーファーになったオジサンもいることだろう。

個人的には海派より山派である〔中学時代に買い求めたコンポのスピーカーは“ヤマハ”だったが、もちろん関係ない〕。たぶん、ボーイスカウトで山野を歩き回った経験が大きいのだろうと思う。いちど通った道は絶対に忘れないのが自慢だった〔いまやナビを使っても間違える“ていたらく”にガクゼンとする日々〕。

われらがクリニックにも、山派の患者さんが通われる。
山野須木男さん。大学工学部を卒業した山野さんは自動車部品会社に就職。しかし、来る日も来る日もネジ山に囲まれて過ごすうちに、子供時分の裏山で駆けずり回った日々を思い出し、転身を決意。公務員試験を受け、ある地方の自然環境測定部門に配属された。大気や土壌汚染のモニタリングをしながら、樹木医の資格も取り、メタボになってからは山中を走り回るトレイルにも参加。
50歳目前の今年、富士山マラソンで完走した。富士吉田市役所から標高差3000m以上数十㎞を一気に駆け上る。去年は制限時間直前で涙をのんだが、通常登山2泊3日の道のりを4時間16分で登り切った。
「あきらめない気持ちが、大事」と診察室で朴訥(ぼくとつ)に語る山野さん。左遷人事や子供の障害などにもめげず、目標を成し遂げた。よかったことがある。山中マラソンを続けて、抗うつ薬が全くいらなくなったのだ。

エベレスト最初の登頂者ヒラリー卿の言葉を最後に引いておこう。
「征服すべきは山の頂上ではなく、自分自身だ」
明日は520人の犠牲者を出した日航ジャンボ機墜落事故から丸33年。「山の日」は「御巣鷹の日」に重なることを避けて1日前倒しにされた。僕も目標を掲げたい。死ぬまでに富士山に登り、御巣鷹の尾根に向かって鎮魂の祈りを捧げよう。


 
ギャラリー