鬼は国家権力~呼吸器事件再審初公判

  令和初の節分という区切りの日、滋賀・大津地裁で呼吸器事件再審の初公判があり、外来を休診にして傍聴に出かけた。
 16年前、湖東記念病院で人工呼吸器を着けた末期の高齢患者が病死した。たまたま発見した看護師が「呼吸器の管が外れていた」とうその報告をしたことから、警察が業務上過失致死事件として捜査開始。ところが、実は管は外れていないのに、外れた時に鳴るアラームを「鳴った」と警察に嘘の証言をさせられた元看護助手の西山美香さん(40)が、警察・検察の捏造ストーリーのまま、患者の管を外して殺したとして逮捕、懲役12年の罪を着せられた。
 西山さんが獄中から両親に宛てた350余通の手紙「私は殺ろしていません」の訴えが中日新聞の記者の目に留まり、冤罪”キャンペーン”の連載が始まった。そのきっかけのひとつが、彼女に軽度知的障害・発達障害(ADHD)などがあったことで、小生が精神科医として、獄中の彼女に精神鑑定した。その縁で3年のつきあいとなり、本日、再審無罪の可能性が大きく高まった。
 これは、西山さんのような「供述弱者」のみの問題ではない。この拙文を読んでいる多くの人が、明日は我が身だという日本の捜査、司法の仕組みがあるということを、改めて認識する必要がある。今日の公判で明らかになった事実として、逮捕、拘留されていた西山さんに、取調べの刑事は彼女の好物のケーキやハンバーガーを渡していた。利益誘導の禁止に違反する違法捜査だ。これが、現実。
 豆まきで駆逐すべきは鬼ではなく、こうした国家権力と、それに同調する国民性だろう。

謹賀新年~旧“新人類”のつぶやき~

 明けましておめでとうございます。
 令和改元して初の正月を迎えた。俳人中村草田男は昭和改元後、二つ前の時代を回顧し、降る雪や明治は遠くなりにけり、と詠んだ。二十代後半までを昭和で過ごし、当時“新人類”と命名された世代としては、自然とまなざしが落日の地平線に向かう。
 今やスマホなしでは暮らせない。AIが生活の隅々にまで行きわたる予感を覚えつつ、パソコンのキーボードを叩く。新聞の発行部数は右肩下がりを免れず、ネットニュースで大晦日の紅白歌合戦が史上最低の視聴率と知った。一億総中流はとっくに瓦解し、個人の集合体としてたゆたう。
 吉本隆明の「共同幻想論」を読んだころのことを思い出す。ガロの「学生街の喫茶店」♪時は流れた♪というフレーズが脳内でリフレインする。そういえば、最後に書初めをしたのは何年前のことだったか。旧知の人に思いを馳せる年賀状の枚数も、Facebookの友達の数より少なくなってきた。
 それでも―—。生物としてのヒトがそんなに急に変わってしまうわけではない。箱根駅伝を観ながらつつく雑煮の味は、むかしと寸分違わない。昨年4月から中日(東京)新聞健康面で コラム「元記者の心身カルテ」を毎週火曜に綴っている。その関係で、当コラムの本数が始めて以来最小となった。心身カルテは3月末まで。筆を擱いたら、時流に乗って、Twitterでつぶやいてみるか?
 本年もよろしくお願いいたします。

ザ・おやじファイトin 一宮

 令和最初の文化の日、愛知県一宮市のスポーツ文化センターでアマチュアボクシング大会が開催された。当院の患者さんが試合に出ると聞き、観戦に出かけた。「ザ・おやじファイト」とのタイトル通り、参加者全員が30歳以上。最高齢57歳のボクサー52人が、いつもは体操教室などに使われる体育館フロアーに拵えられたリングで熱戦を繰り広げた。
 ボクシングを観るのは久しぶりだ。しかも、リングサイドでの観戦は初体験。プロボクシングと違い、ヘッドギアに14オンスのグローブだが、目の前で汗が飛び散り、パンチを繰り出す時に口から洩れる「シュッ、シュッ」という音が聞こえるのに圧倒された。
 患者の藪木譲さんは40台前半。R 40のフェザー級中部地区王座決定戦を兼ねた試合。青コーナーから控え目にリングに上がると。四方それぞれにきちんと礼。4歳上の相手と3ラウンドを最後まで打ち合った。素人目にも、藪木さんの方が手数が多く、有効打も相手に優っている気がした。果たして、ジャッジは3人とも挑戦者がポイントで上回った。レフェリーが藪木さんの腕を高々と挙げた時の笑顔は、診察ではお目にかかれない表情だった。そう、映画「ロッキー」で、最後は判定負けしたがエイドリアン!と叫んで感無量の顔を見せたシルベスター・スタローンを思い起こさせた。
 「OYAJI 」のローマ字が彫られたチャンピオンベルトが誇らしげに輝いていた。長期休職から復帰した会社でも、この調子で行けるといいね。

 
ギャラリー