こんなAI時代に神話かよ

元号が改まった。しかし、生物種としてのヒト〔ホモ・サピエンス〕が改まるはずもない。あるとすれば、「進化」した脳が生み出したAI(人工知能)の、人間社会に及ぼす影響だろう。

大型連休を利用してオーストラリアに旅した。主な目的はユネスコ世界遺産ウルル(エアーズロック)に登ること。現地に入るまで細かい事情を知らなかった迂闊(うかつ)さと、軍手に登山靴準備のギャップが今となっては恥ずかしいが、帰国後に改めて書き留めておきたいことがある。

高さ335m、周囲9.4㎞の巨大な一枚岩。わずかな登山経験の醍醐味を知る者として、世界最大級の「岩登り」は魅力的だった。しかし、結局ウルル登山は当局の許可が下りなかった。理由は頂上付近の強風。しかし、日本以外の国ではすでに登っておらず、去年、登山中の邦人死者が出ても、相変わらずこの国ではツアー人気な気配だ。

安全と天候のほかに、今年10月で永久登山禁止となる真の理由は、先住民アナング族の聖なる土地への思いだろう。古代ゴンドワナ大陸から分離し他大陸と孤立したオーストラリア大陸には、数万年前から人間が移住してきたという。狩猟採集が中心で、言語を持たなかったアボリジニは、ウルルを生活の場とするとともに、風食により岩に刻まれた穴や線に「意味」を見出した。それが神話へとつながる。彼らの充足した暮らしを破壊したのが、わずか数百年前に大陸を「見つけた」西洋人だ。先住民を追い詰め、大陸を植民地化し、自分たちの正義を押し付けた。それが変わったのはつい最近。1985年、ウルルの所有権がようやく政府から先住民に「返却」された。

登山の代わりに催行されたウルル麓(ふもと)の散策ツアー。ガイドによると、とぐろを巻いた蛇と幾筋かの亀裂の入った場所で、アナング族が子供たちに聞かせる話がある。勇ましい女性が人間の女に化けた蛇と闘うのだが、そこでの教訓は相手を懲らしめても、完全には撲滅せずにフォローすることだ。キーワードは和解・共存。
ウルルには七か所の聖地があり、そこでは撮影禁止だ。自分たちの大切なものを拡散させないでくれとの訴えに、SNS全盛の我々は耳を傾ける必要がある。非科学的、迷信などの紋切型で逃げてはいけない。ガイドは言った。「ウルルに登ることは、神社の鳥居によじ登ることと同じなんです」。

「令和」の典拠が国内かどうかというレベルの議論をする前に、人が人として生きていくのに必要なことは何なのか?それをウルル登山禁止は問いかけている。神話とAIとの共存、と言い換えてもよい。
ウルル=カタ・ジュガ国立公園の入園券の最後には、こう記してある。
『ウルルに登らないことで、アナング族の気持ちを尊重することが求められる』

今「後」もよろしくお願いのほど

平成最後の4月8日、一宮むすび心療内科を始めて5年を数えました。毎年、開業記念日前後は休診とし、スタッフ研修に充てています。こうしてクリニックを続けることができるのも、それを支えてくれる皆さんのおかげです。

毎回、この記念日には節目の数字の話を書いている。ことしは「五」。これは上下の横棒が天地を表し、そこにつっかえ棒が入る形を示したものだそう。読みの「ご」から連想できる漢字を並べると、語、伍、吾、悟、と五が入っているものが多い。いっぽう、呉、誤、護、、。あと、、そう「後」があった。「碁」が趣味の当方としては、「ご」には広がりをもつイメージがある。

碁は白石と黒石を碁盤の交点〔361あり、一年、ひいては宇宙空間を表す〕に互いに打ち合い、最終的に自分の獲得した交点の数を競う、古代中国から続く歴史あるボードゲーム。こう説明せずとも、AI(人工知能)が世界チャンピオンに勝ち、有名になったので、イメージしやすくなっただろう。碁の魅力は、少ないルールさえ守れば、盤上のどこに打ってもよい自由闊達さにあると思う。

人生は短く芸術(アート)は長い、と古人はいった。宇宙の歴史138億年に比べ、瞬間にも満たない、ひとの一生。盤面どこに打っても一局の碁になるように、どう生きても「一曲の人生」。自由に謳歌しようではないか。そう、みずからにも患者さんにも訴えながら、これから「後」に向けて、また一歩を踏み出していきたい。



平成の終わりに~令と命~

平成残り1ヶ月となった1日、天皇陛下の退位に伴う5月1日からの新元号が発表された。
令和(れいわ)――初めての日本古典・万葉集からの選定。和歌は中学国語で習うが、出典箇所の序文は初めて触れる人が多かろう。「和」は二代前の昭和と同じで、これまでの元号で何回も使用されているが、「令」は初めて。読み方のR音の響きを新鮮に聴いた人、耳慣れない感じの人に分かれそうだ。

白川静氏の『字通』によると、「令」は礼冠を着けて跪(ひざまづい)て神意を聞く人の形。古くは「令」「命」の二つの意味に用いた、とある。なるほど、同じく命(めい)は「神に祈って、その啓示として与えられるもの」が原義で、「天の命ずるところであるから、人為の及ばないところをすべて命」とするようになったという。
なので、この漢字、命(めい)をやまと言葉の「いのち」に充てたのは、偶然ではありえないだろう。白川氏は『字訓』で、命(いのち)は「生(い)の霊(ち)」のことと説く〔論創社『白川静さんに学ぶこれが日本語』小山鉄郎氏著より〕。

西暦でいえば、21世紀の18年が過ぎ、科学技術の発展は右上がりの急カーブを描いている。AIの進化がその表れだが、生命科学の分野でも事情は同じだ。生命操作の極北ともいえるi PS細胞の発見でノーベル医学生理学賞を得た山中伸弥氏が新元号の選考委員となったのも、「令=命」の語源を考えたとき、何とも言えない縁を感じる。
人為の及ばぬ「いのち」につながる元号の文字を選んだ一人が、人為の最先端を走る科学者であることの巡りあわせ。宇宙の果てとミクロの底がウロボロスの蛇のようにつながっている光景を想像してしまうような、平成最後の新元号選定だった。


 
ギャラリー